DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
はいどうも~

学校からの更新になります

前回の記事の続きになりますね

では他に代行者に有効なカードがないか考えてみましょう


続きを読む »

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
おはようございます

昨日、友達とぷよぷよ勝負をしていて久しぶりに13連鎖ができてテンションが上がっているアズ☆です

たまには朝にブログ更新をしますねー

さて本題に入りますが、タイトルにも書いている通り運命の一撃についての内容です


続きを読む »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
最近、勝てる試合を凡ミスで負けて軽く鬱のアズ☆ですw
前回の考察からかなり経ってしまいました^^;
今日の午前に複数ページを開いてこの記事を書いてたら、間違って書いてる途中で管理者ページを消してしまいましたw \(^O^)/
改めて書き直し・・っとw

さて、今回は豚ファイルを考察したいと思います。
豚ファイルというと少し前に発売されたEXカード、憎愛の王『グレバドス』の強化スキルやセメ送りスキルを使って戦うファイルです。
9弾で豚ユニットが追加されて、実戦レベルになりました。

特徴としては

多くの豚ユニットが貫通を持っている。
ほとんどがオートスキルで攻撃してしまうのでイクサーアタックができない。
鈍足である。

などがあります。

豚ユニットでイクサーアタックができるのはグレバドスと号令する巨大豚のみです。知能が高い豚はイクサーアタックできるようですね。
ですので、イクサーアタック要因はこの2体かその他のユニットということになります。

豚と戦うときは、いかに相手のユニットを並べさせないということが大切です。
高AGIのユニットで先に倒すのもいいですが、豚はLv2~4なので返却グモリアを使うのも有効です。

注意点として、

こちらの返却暴発に気をつけましょう。AGI3以上返却SSを当てるために風の精霊をセットしてバッティングされると暴発する場合があります。
もちろん、展開が大きく遅れてしまうのでかなり厳しい試合になるでしょう。

また、鈍足なのでAGI3以上返却SSを多く積んでいる場合もあります。リムーブを大突風などで回避しても展開で負ける可能性もあるのでイクサーアタックで削るのが好ましいです。

基本殴りメインのファイルですので、ユニット戦で負けなければそのまま押し切れると思います。相手のSSに注意して戦えば大丈夫です。

フォルではあまり豚ファイル見ませんね^^;
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
こんにちわ、最近疲れてるせいかゴールデンタイムに寝てしまうことが多いアズ☆です。

6回目の考察ファイルは数珠こと竜皇帝『ジュッズヴァー』見た目レッドアイズです。ローティアのLv9、フィニッシャーによく使われます。

AT100と非常に高く、クローズスキルでAT÷2のダメージをすべてのユニットに与えます。これが数珠ドッカンです。
生贄を使ってAT÷2で倒せない相手ユニットを倒しつつ、残りのユニットもドッカンで倒すといった戦法が有名です。
堕落や鈍る武器などのグモリアがあればドッカンを潰すことができます。

さらにオープンスキルで両イクサーのSPを0にします。
数珠が出るタイミングで光の精霊を出すとAGI関係上光の精霊のスキルが後に発動してSPが2貯まります。このSP2で勝負が決定するケースも多いので相手が数珠濃厚だと感じたら光の精霊を1枚残しておくのも面白いです。
光の精霊が無い場合でも、数珠のタイミングで安らかな祈りを出すと次のターンでSP4を補給できます。

そしてファイルの種類としては、

1、中型展開→数珠タイプ
  うちのリダ(死者を統べる者)が紹介していたタイプ
http://alteillove.paslog.jp/article/739044.html
光精霊でSPを貯め、闇精霊で妨害して、魂の契約を当ててさらにSP増やして古代死体王を壁にして最後に数珠を出すタイプ。
イクサーアタックなどで殴られまくるのでLPは高め。とりあえず魂の契約が出てきた時点で数珠を警戒してください。

2、初手欠陥品捲りタイプ
  初手に魔法少女欠陥品を出して1枚目SSにインサイドなどを仕込む。欠陥品のスキルでインサイドが捲れ相手のユニットを倒し、さらにイクサーアタックして相手のSSを削っていくタイプ。その後に魂の契約を欠陥品に当てて回収する。
その後はフィミーリアなどで更に削り、最後に数珠を展開するタイプ
地味に痛いです。SPも削られるので展開が遅くなります。

3、連続魂削りタイプ
  SS例:魂削り×3→LP3×2
  SS例2:呪殺〔光〕→魂削り×2or3→LP3×1or2
初手あふれ出す魂から相手の光の精霊等を火の息で燃やしSSを削る。さらに魂削りで削り、フィニッシャーに数珠を出すタイプ。
小型に有利で大型に不利。安定感は無いが相性によって非常に厄介なタイプ。もちろん闇の精霊のSP妨害や魂の契約でSPブーストもしてきます。


などが挙げられます。

1のファイルは相手ユニットを数珠で纏めて倒してしまおうという狙い。もちろんSS回避でアクション終了したり、LPに余裕がある場合はリムーブして回収→再び展開で相手のSPを0にするといった対策もしてきます。

2と3のファイルはとにかく危険SSを削ってから数珠を展開しようという狙い。こちらが低LPでSS自滅をしたりすると厳しい試合になる。

数珠の他にもズガテロザなどもフィニッシャーとして入っているのでリビング対策もしておいたほうがいいです。上記にも書いた、堕落や鈍る武器があれば数珠のスキルを潰せます。

呪殺〔光〕を喰らっても致命的にならない場合は積極的にイクサーアタックをして相手のLPを削りましょう。光の精霊をファイルに残しておいて、数珠が出るターンにもイクサーアタックを狙っていきます。

相性によって厳しい場合もありますが、しっかりと対処すれば勝てます。相手が数珠だと予想できたら、先を考えてカードをセットすることが大事です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
前回の暗殺ファイルで一部日本語がおかしい箇所があったので修正しました。

5回目の考察はレグライファイル。
もうレグライを見るだけで『はきゅん☆』ってなってしまいますね。
竜皇帝の中の竜皇帝!

さて、レグライといったらオープンスキルで1体ファイルに戻し、オートスキルでLv2以下のユニットをすべてファイルに戻すことができるユニットですね。
基本的な戦い方としてはロザリィと組んで威嚇&返却のコンボや闇精霊を連続で出して相手のSPロックなどがあります。
耐久力もあり、場に出されると非常に厄介な存在となります。

やはりレグライがファイルの要ですのでうまくSSやグモリアで対処できるとかなり有利になります。ここでもノゼなどの大型同様、魔歌などのアクション終了返却SSが活躍しそうですね。
しかし中には魔楽SSを考えず魔歌SSを予想してロザリィでイクサーアタックしてきたり、予め巡回兵などでAGIを上げてイクサーアタックしてきたりと、しっかりと対策されるケースも多いので安定しているとは言えません。

次にレグライが場に出てくる前に対策できることを考えてみましょう。
レグライファイルには

1、ノゼを出してドッカンをした後、ガイエスSSをノゼに当てて大量にSPを増やした後にレグライを展開するタイプ

2、SSに全体ダメージなどを仕込み、魂や祈りでSPを貯めてSS発動後にレグライを展開するタイプ

などがあります。
上記のファイルはどれもレグライを出す前に精霊などのユニットを減らし、SSを削る構成になっています。

まずノゼガイエスタイプの対処法としては、ノゼを直接除去してガイエスSSを暴発させる方法が効果的です。
やはり返却SSや暗殺SSで除去する方法が現実的です。その場合、こちらに六手などのLPを減らし強制的にSSを捲るカードがあれば相手の意表をつけます。
ドッカンを一度受けて、リムーブで除去する場合は上記に記したように魔歌が安定します。
さらに成功率を上げるなら魔楽と魔歌を連続で仕込んでおいて、リムーブのターンに水の精霊をセットすればほぼ確実にSSの対象にとれます。風の精霊と練達でもバッティングしないかぎりSSを当てることができるので代用可能です。
しかし他のファイルに当たったことも考えると、魔歌だけのほうが安定する気がする。。

次にSSにダメージ系を仕込んでるタイプですが、こちらはレグライが先に出てくるので直接レグライを対処するしかありません。こちらに無慈悲などのグモリアがあれば、レグライが出るまでにSPを貯めて無慈悲を撃つことで簡単に対処できます。
しかしファイルにそういったカードが無い場合はSSやユニットスキルで除去するしかありません。ユニットは返却される可能性大なのでSSのほうを狙いましょう。
しかしレグライの場合、こちらのユニットをクローズさせず返却をするので相手からのイクサーアタックで捲れたSSを当てることになると思います。
冒頭でも書いたように、魔歌を仕込んでいても巡回兵などでAGIを上げてイクサーアタックされると不発に終わります。
また、六手で暗殺を捲るなどの方法も結構使えます。相手に六手を読まれたら厳しいですが、、

レグライは対策をとってうまく除去すれば勝つことができますが、逆に対処法が無く相手のペースにはまってしまうと勝つのは難しくなります。
上の2つのファイルタイプの他にも帯などもありそうでしたが、実際に見たことが無いので書きませんでした。

最後に、今回の考察は正直微妙な感じになってしまいました^^;
レグライが1枚しか無いのでフリーでしか回せず、フォルの環境で検証することができませんでした。
それでも自分なりに考察しましたので、こんな内容でもお役に立てれば幸いです。
| BLOG TOP |

copyright © 本日もネタファイル日和ですな・・・ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。